GHOST・RANGERS

上藤 政樹 作品

あらすじ

妖鬼教団との戦いも一段落着いた夕子は、骨休みのためにアメリカへ旅行。ところが何を勘違いしたのか、アメリカのゴースト達は、夕子が自分たちを徐霊するためにきたのだと勘違いをしたのだった。そして、夕子と対決するために、ゴーストのティーンエイジャー達を集め、ゴーストレンジャーを結成したのだった。

やむなく夕子は、ゴーストレンジャーと対決するため巨大化したのだった・・・

解説

倭守夕子、精霊特捜以来2度目の巨大化です。精霊特捜シリーズも一段落し番外編での登場です。作者の上藤政樹氏は、背の高い女性がお好みのようで、背を男性よりも高く描く傾向にあるようです。背の高さを追求した結果、とうとう数十メートルにもなる巨人を描くようになったということでしょうか。商業誌ばかりでなく同人誌でも、巨大な女性を登場させています。

さて、今回の夕子巨大化は、ページ数の関係か、それとも作者の趣味か、早々に巨大化します。しかし、なんで巨大化するのか、その理由が今ひとつはっきりとしません。ということは、やはり作者の趣味なんでしょうね。

上藤政樹氏の他の作品

G-ZONEでは、上藤氏の作品として他に下記の作品を紹介しています。

記事公開日:2001.01.30
記事更新日:2004.09.17

精霊特捜フェアリィセイバー EX

発行 久保書店
初版 2002年9月25日
価格 950円(税別)
サイズ B6・平綴
ISBN 4-7659-2396-7
備考 成年コミック
Amazon アマゾンの商品をチェック
Kindle版
DLsiteでダウンロード

精霊特捜V

発行 富士美出版
初版 平成8年12月5日
ISBNコード ISBN4-89421-186-6
価格 777円(本体価格)
サイズ A5・平綴
備考 成年コミック
Amazon アマゾンの商品をチェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

 ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

 検索キーワード:

G-ZONE