地獄のキャッツアイ

副題:呪いの爪/原題:THE UNCANNY/テレビ放映時タイトル:猫が襲う時・蘇える怨念

Denis Heroux 監督作品

物語

モントリオールの古いアパート。真夜中に1人の男が入っていった。彼は自分の書き上げた原稿について編集者に意見を聞きに来たのだ。そして編集者の部屋に通された男は、この話は実話だと言っていくつかのレポートについて話はじめた…

実例2「ケベック州1975年」より

ひとりの女の子がある家に引き取られた。彼女の名前はルーシー。ルーシーの両親が亡くなったので母の姉にあたるジョーンの家にひきとられたのだ。

ルーシーにはウェリントンという友達がいた。ウェリントンは見事な黒猫だ。ルーシーはウェリントンと話が出来ると信じていた。彼女はわずかな荷物と黒猫と本しかなかった。本、それは魔法とタロットカードの本だった。それはルーシーの母の本だった。

ジョーンにはアンジェラという娘がいた。アンジェラは傲慢な娘で、自分の方が年上で大きいことからルーシーやウェリントンを思い通りにしたいと考えていた。

2人は、よく離れで絵を描いた。ウェリントンは格好のモデルだった。大抵の場合ウェリントンはおとなしくしていたが、アンジェラにはなつかなかずウェリントンは逃げ回った。江ノ具を床にこぼしたのはアンジェラだったが、ジョーンに見られたときウェリントンのせいにしてしまった。

アンジェラは、何かというとルーシーをいじめるようになった。それにジェーンもルーシーをあまり良く思っていなかった。動物が嫌いだったジェーンは、夫にウェリントンを捨ててくるように言った。そして、ルーシーの本を焼いてしまったのだ。

その夜、ウェリントンは家に戻ってきた。ルーシーはウェリントンがジェーンに見つからないようにしないと考えたが良い方法がない。その方法はなんとウェリントンが教えてくれたのだった。本当の魔法の本は枕の下に置いてあり、ジェーンも見つけることはできなかったのだ。ルーシーは黒魔術の本を手に取ると、離れに向かった。

離れに明かりがともるのを見たアンジェラも離れに向かった。離れにはルーシーがいた。床にはチョークで奇妙な円が書かれていた。それは魔方陣だった。ルーシーがチョークの絵を踏まないでというので、アンジェラはわざと円の中に立った。それこそがルーシーの待っていたもので、アンジェラが円の中に入るやいなや呪文を唱え始めた。するとアンジェラの体はしびれ、やがてアンジェラは小さく縮んでいった。


解説

猫を主題とした恐怖映画。オムニバス構成ですが、猫についての研究をしている男が、恐怖の実例を次々と語るという、ストリーテラーのような演出がされています。そのストリーテラー役の男に扮するのは、有名なドラキュラ男優であるピーター・カッシングです。

ここで紹介したのは、そのオムニバス物語の第2編目の話です。相手を縮小して復讐する話は、どれもひっそりと行われるところに共通点があります。巨大化する話が派手になるのに対し、縮小化の話はどれも秘密裏に何かが行われる傾向にあります。この作品もそのセオリー通りに、ひっそりとした復讐の方法として、魔術で相手を縮小化するというものです。

特撮的には大したものではないのですが、話の内容が恐ろしく、幼い女の子に人形のように弄ばれるというのは、かなり印象に残るものがあります。

ええっ。踏みがあるはずだって?・・・確かにあります。あなた、誰ですか?

記事公開日:1999.07.04
記事更新日:2004.09.17

地獄のキャッツアイ

制作 The RANK ORGANISATION
監督 Denis Heroux
出演 Peter Cushing
Samantha Egger
Ray Milland
Susan Penhaligon

Donald Pleasence
John Vernon

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード