キン肉マン

第9話 ナツコ・巨人になる

原作:ゆでたまご

あらすじ

キン骨マンは、超人オリンピックでキン肉マンとテリーマンらの勝利を阻止しようと妨害工作を企てた。しかし、企みが成功したにもかかわらず、肉マンとテリーマンらに決勝リーグ進出を決定されてしまった。

テリーマンに復讐するためにテリーマンの恋人ナツコに目をつけた。巨大化光線でナツコを巨大化し命令通りに動かすことができれば、テリーマンはナツコに攻撃できずに困るだろうというのだ。そして計画は実行され、巨大化したナツコは、街を破壊するのだった。

これを見たキン肉マンは、相手がナツコだけに攻撃することもできず手をこまねいていた。テリーマンは何とかナツコを正気にもどそうと、説得をするのだが。

解説

キン肉マンについては、おそらくご存知だろうから説明の必要はないと思います。

もともと巨人資質の超人?たちの話ですから、巨人の一人や二人登場しても驚くに値しないかもしれません。それでも一般の人間、しかも女性が巨大化し、あろうことか街を破壊するのは、特筆に値します。

こうした巨大化の話は、キン肉マンのエピソードとしてはこれだけですが、他に目を向ければ実はいくつも例を挙げることができます。巨大化された人間が相手のいいなりに、ロボットのようになって街を破壊したりするというパターンとしては、最も有名なのは「ウルトラマン」のフジ隊員のエピソードがあります。その他にも「ななこSOS」や「SkySurfer」にも同様の話があります。

もし巨大女性ではなく、醜い姿の怪獣であれば容赦なく叩きのめされたに違いありません。怪獣映画では、いかに怪獣を叩きのめすかという暴力に物語の中心があるのです。ところが巨大女性の場合には、力の行使を封印した正義側が、いかに怪獣の被害を防ぐかという所に物語の中心があります。男目線の物語なのです。言い換えるなら、世の中のお父さんは家の中の巨大女性といかに戦うか苦慮しているのかもしれないと言うことです。ここで頷いているのは、既婚男性だけかもしれませんが…

記事公開日:1999.05.27
記事更新日:2004.09.17

キン肉マン Vol.1

出演 神谷明, 松島みのり
販売元 東映
DVD発売日 2002/12/6
時間 294 分
ASIN B00006LF0H
Amazon アマゾンの商品をチェック

キン肉マン 第9話 ナツコ・巨人になるの巻

原作 ゆでたまご
監督 今沢 哲男
制作 東映、読売広告社
放送日 1983年5月29日
入手情報 Prime Video
DMM動画

キン肉マン Vol.2(レンタル専用)

原作 ゆでたまご
制作 東映、読売広告社
出演者 神谷明 松島みのり 鶴ひろみ 田中秀幸 堀秀行 はせさん治 山本圭子 岸野一彦 山口奈々 蟹江栄司 水鳥鉄夫 北川米彦
入手情報 DMMで商品チェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード