ジンボーグ

大巨人来襲!!

上山道郎 作品

あらすじ

今宮家では、今日も厳しい修練が行われていた。ジンは、祖父の指導の元、古武術の稽古に励んでいた。

「あンの、じじい〜〜。毎日、遠慮なくぶん投げやがって!」

一日の稽古が終り、道場から引き上げるジンの目の前に、クマの人形が転がっていた。人形は、ジンの妹のカオリの部屋から廊下に転がり出てきたものだった。何事かと妹の部屋をのぞき込むと、部屋中をひっくり返して何やら物を探しているカオリがいた。カオリは、大切にしていたブローチを探していたのだった。

「ブローチぐらいで大騒ぎするな!まるで怪獣じゃないか…」

ジンの言葉に傷ついたカオリは、目に涙を浮かべながら部屋を出ていってしまった。

カオリの無くしたブローチは、カオリにとってかけがえのない思い出の品だったのだ。しかもそれは、ジンとの思い出の品だったのだ。

「ホントに怪獣だったら、お兄ちゃんなんかムギューってふんづけてやるのに!!」

その時、カオリの口から出た「怪獣」という言葉に反応した、2人の影があった。

「アナタ…。怪獣ニ、ナリタイノデスカ?」

そのころ家で、ジンは祖父から、今宮家の秘密について説明を受けていた。なんと、ジンの祖母は宇宙人で、悪い宇宙人から地球を守るためにやってきたというのだ。そして、ジンの祖父と結婚したのは、地球を守る戦士を育てるためであったというのだ。

つまり、ジンが地球を守る戦士だというのだ。

そのようにジンが祖父から説明を受けていると、カオリの友達が家に駆け込んできた。慌てる友達の言うことがよく飲み込めないままに、窓の外を眺めると、そこには巨大化した妹カオリの姿があった・・・


解説

超異色SF読切りとうたって掲載されたこの作品、掲載誌がコロコロコミックだから余計に異色でした。コロコロコミックの看板はドラえもんで、他にポケモンなど代表される小中学生をターゲットとした雑誌です。そういった作品群の中にあって、ハードSFタッチのこの作品は、ほんとに異色な感じがします。特にカオリが巨大化して現れたシーンは、他の誌面とは違う強烈な印象を持っています。

果たして、この掲載誌の読者に受け入れられたのでしょうか。

記事公開日:2000.05.10
記事更新日:2004.09.17

別冊コロコロコミックSpecial8月号

発行 小学館
発行日 1998年8月1日
雑誌コード 雑誌03807-8
価格 本懐価格410円
サイズ B6・平綴

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード