どっきりドクター

第16話 スッポンポンで危機一髪!!

原作:細野不二彦

あらすじ

七星小学校の屋上に建っている怪しげな建物。その中で錦小路はるかは、今日も診察をほっぽりだして新しい怪しげな機械の作成に精を出していた。

「なんでうまく動かないんだ〜」

はるかが動作しない機械を目の前に悩んでいると、小泉みゆきが怒りながら入ってきた。まじめに仕事をするように最速に来たのだ。みゆきに怒られたはるかは、製作中の機械に八つ当たりしてケリを入れた。はるかがケリをいれたその時!それまで、うんともすんともいわなかった機械が起動し、強烈な光線を発した。

めちめちゃな部屋の中、気を取り戻したはるかの見たものは、身長が8分の1になったみゆきだった。はるかが研究していたのは、物質縮小光線。そして、その光線をみゆきは浴びてしまったのだった。

状況が把握できた2人は、早速みゆきを元に戻そうとする。はるかの作った機械をもう一度使えば、もとの大きさに戻れる。しかし、起動しようと思った機械は、故障してしまっていた。直さなければ、使えない。しかし、のんびりと直す時間はなかった。みゆきの体の細胞が、小さくなった状態に順応しようとしていたのだった。このまま細胞が今の状態に順応してしまうと、みゆきの体は元に戻ることができなくなってしまうのだ。

果たして修理は間に合うのだろうか・・・

解説

原作は、昭和56年から週間少年サンデーに連載されたまんが作品です。描いたのは、細野不二彦氏。ぬえに在籍していたころから、まんが作品を発表していた細野氏ですが、この作品によって細野不二彦氏は、まんが家としての地位を確立した言えます。つまり細野氏を語るに外せない作品なのです。

ビデオシリーズは、原作にはないオリジナルのストーリー仕立てになっています。キャラクターの特徴をうまく捕えて原作の雰囲気そのままに再構成されていますので、原作を知っている人も知らない人と同様に楽しめます。

話の方で、8分の1というところがウルトラQを彷彿とさせ、SFファンの心をくすぐってくれます。また、はるか君の作った機械のほうは、ミクロキッズばりの雰囲気をもっています。まあSF通なら、色々とこだわった小物に目が行くとは思いますが、それはそれで楽しさが増すというものです。


記事公開日:2000.05.13
記事更新日:2004.09.17

どっきりドクター ビデオ第4巻

制作 スタジオぴえろ
監督 水野和則
原作 細野不二彥
声の出演 山寺宏一、桑島法子、他
備考 1999年作品
ビデオ販売 スタジオぴえろ
商品番号 SVWV-1414
ビデオ価格 6,500円
ISBNコード ISBN4-534530-141477
Amazon アマゾンの商品をチェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード