日本一の男の魂

日本一のお願い男

原作:喜国雅彦

あらすじ

ある男のところに、小さな妖精が現れた。妖精の言うことには、ひとつだけ願いを叶えてくれるというのだ。それを聞いて男は

「叶えてくれる願い事を100にしてくれ」

男の願い事は受理され、男は次々と願い事を言い始めた。

「…で、願い事はいくつになった?」

横柄な態度でものを言う男に、少々不満げに妖精は言った。

「99です。」

それを聞いて男は・・・

解説

この作品の元ネタはアラビアンナイトです。本来はジニーなのでしょうけれど、この作品では小さな妖精が登場します。ですがジニーは大抵大柄なので、登場してもらうと存在そのものが話を圧倒ししまいます。それではこの話の面白さを壊してしまうとの判断から、小さな者に登場してもらったというところでしょうか。妖精=小さいというのが一般的な相場なので、妖精の登場です。

この妖精、ルーズソックスを履いています。妙に履き慣れていない感じが地方から出てきた少女が、流行を追ってソックスを履いているような感じがします。そういう意味では素朴な感じを受けると言っても良いかもしれません。そうした素朴?さが残っているところが、妖精らしいところなんでしょうか。

記事公開日:2000.09.30
記事更新日:2004.10.15

日本一の男の魂《第2巻》

制作 スタジオ・ディーン
製作 TBS
監督 吉田啓良
備考 1999年作品
ビデオ販売 ポニーキャニオン
ビデオ価格 3,800円税別

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード