スーパー・ロボット・モンキー・チーム・ハイパーフォース GO!

第24話 スケルトン・キングの刺客達

あらすじ

世界制服を目論むスケルトンキング。すでに惑星のほとんどは、スケルトンキングの手に落ちていた。しかし、まだスケルトンキングに屈しない街があった。それがシュガズームシティ。そしてスケルトンキングに対抗できる唯一の希望、それがモンキーパワーに選ばれたチロ少年率いる5体のモンキーロボット、モンキーチームだ。


スケルトンキングはモンキーチームを倒すべく、次々と刺客を送った。時に巨大なモンスター。時に巨大なハゲオヤジ??。

巨大なハゲオヤジの正体は、ごく普通のシュガズームシティの市民。巨大で凶暴になったとはいえ、元は普通のおっさんなのだ。簡単に叩きのめしていいという分けにはいかなかった。荒れ狂うハゲオヤジは、体中の毛を消滅させてしまう光線を出しながらシュガズームシティを破壊していくのだった・・・

解説

日本とアメリカでは放送しているエピソード数に差があるようです。原放送では第26話「The Skeleton King Threat」で、シーズン3の最初のエピソードになります。シリーズが変わっての最初の話なので、これまでの総集編としてこのエピソードがあります。ただ総集編としてまとめたのではなく、シュガズームシティの市民に迫り来る脅威を説明するという形で構成されています。こうした総集編を再構成したエピソードは、アメリカのアニメではよく行われる手法です。

このエピソードに登場する巨人は、見た目まんまオヤジです。それもそのはず、スケルトン・キングによって巨大化させられてしまったシュガズームシティの市民なのです。我の強い年の功を引け散らかすオヤジとは、全く別の強力な力を持ったオヤジです。加齢臭も巨大なだけにプンプンとまき散らしているに違いありません。ただのオヤジでも暴れ出すと面倒なのですが、巨大な上に体毛を消滅させる光線発射するのですから、困った以上に怖い存在です。髪の毛がまた生えてくれば良いのですが、生えてきそうも無いような方には、これこそ真の恐怖といえるかもしれません。背筋がゾクゾクするような話です。

え、私ですか? 私は大丈夫・・・だと思いますが・・・ちょっと・・・ノーコメントです。

記事公開日:2009.05.24
記事更新日:2009.05.24

スーパー・ロボット・モンキー・チーム・ハイパーフォース GO! 第24話

制作 アンサー・スタジオ、Ciro Nieli
英語タイトル Super Robot Monkey Team Hyperforce Go! (SRMTHG)
放送局(日本) トゥーン・ディズニー/ジェティックス

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード