THE RAGTIME DANCE

なわ みめい 作品

あらすじ

それは幻想なのか。かふみの部屋には、<カレ>がいた。そして<カレ>は、かふみを見つめながら自噴する。<カレ>の出したものは、甘かった。

退屈な毎日、同じように流れる時間。教室から校庭へ視線を移動すると、そこには磯崎くんが。

すてき。とってもすてき。

先生が何か言っている。でも何だかとても遠くに感じる。

かふみは、磯崎くんを見るために教室を後にした。

解説

まるで詩のような、とても不思議な雰囲気を持った作品です。フェラチオ、オナニー、射精などの描写があるのに、いやらしさを感じないのはなぜだろうか。作品の持つ独特の雰囲気を表現するのは、とても難しい。

実際、あらすじ書いてみたものの、作品の雰囲気を伝えることできておりません。もし、見かけることがあったらご自身で確認で確認してもらいたいと思います。

記事公開日:2000.02.06
記事更新日:2004.09.17

ラストイン

発行 白夜書房
初版 昭和61年8月1日初版
ISBNコード ISBN4-89367-009-3
価格 850円(定価)
サイズ A5・平綴
Amazon アマゾンの商品をチェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード