ジャイアント・ウーマン

原題:Attack of the 50ft. Woman

Christopher Guest 監督作品

あらすじ

多額の遺産を母親から引き継いだナンシー・アーチャーには、悩みが多かった。父はナンシーが遺産を相続したため自分のことをあまり良く思っていないように思えたし、夫のハリーは自分の財産目当てに結婚した上に浮気ばっかりしていた。彼女は毎日のように、カウンセリングを受けていた。

ある日、浮気中の夫を探しに車で出かけたナンシーは、光り輝くUFOに襲われる。UFOの話を保安官にするが今一つ信用されない。改めて夫と現場に行くとUFOが現れて夫の目の前でナンシーだけがさらわれてしまう。やがて彼女は夫の浮気先の女が経営する美容室の屋上で発見された。家に帰った彼女の体に大きな変化が現れた。

ナンシーの体はみるみる膨れ上がり、ネックレスが千切れ飛び、服のボタンが飛び、そして彼女の頭は2階の床を突き抜けてしまった。そうナンシーは巨大化してしまったのだ。

医者を呼び治療方法を見つけだそうとナンシーの体を検査したが、治療方法どころか巨大化した原因すらつかむことすらできなかった。しかし家族の心配をよそに、ナンシーは自分が巨人となってしまった状況を楽しみ始めるのだった・・・


ショットガンは巨大な指先ではじき飛ばしてしまう

解説

この映画1958年に公開された同名(邦題:妖怪巨大女)の映画のリメイクです。この作品中でナンシーが街で最初に訪れた映画館で、上映されている映画がオリジナルです。

この映画自身は低予算で作られていますが、非常に効果的な特殊撮影技術が使われています。遠近法を逆手にとって、大小を調節する手法はみごとで、特にハリーがプールを風呂代わりにしているナンシーに会いに行くシーンは、その手法ならではの自然な広がりを感じます。

この映画についてコラム記事「愛すべき巨大女」にも書きましたので、そちらの方も読んでいただければと思います。

ところでナンシー役のダリル・ハンナ嬢は、特撮モノの映画に多数出演しています。一番有名なのは、1984年のスプラッシュの人魚役でしょう。でも私の印象で一番強いのは、1982年のブレードランナーですね。ハンナ嬢は、見事にレプリカントを演じています。そのときの戦いのメイクは、その後ファッション誌でもモデルがまねるなどしていましたね。そういった経歴のハンナ嬢が、自分でTV用映画としてプロデュースした作品なんです。

ところで、撮影のラッセル・カーペンターは、1997年に大当たりしたタイタニックの撮影をしています。

記事公開日:1999.06.11
記事更新日:2006.12.19

愛しのジャイアントウーマン

販売予定 コスミック出版
DVD発売日 2006年12月19日
ISBN 4774717029
Amazon アマゾンの商品をチェック

ジャイアント・ウーマン

出演 ダリル・ハンナ, ダニエル・ボールドウィン
ウイリアム・ウインダム, クリスティ・コナウェイ
監督 クリストファー・ゲスト
製作者 デブラ・ヒル
販売元 東宝
VHS発売日 1994/10/1
時間 89 分
ASIN B00005GE1E
Amazon アマゾンの商品をチェック

Attack of the 50ft. Woman

製作 Debra Hill
Daryl Hannah
監督 Christopher Guest
脚本 Joseph Dougherty
撮影 Russell Carpenter
出演 Daryl Hannah
Daniel Baldwin
William Windom
Cristi Conaway
Frances Fisher
Paul Bennedict
O'Neal Compton
Victoria Haas
Lewis Arquette
Xander Berkele
ビデオ販売 東宝
備考 1993年作品 上映時間89分
Amazon アマゾンの商品をチェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード