万能文化猫娘ヌクヌク

第13話 ヌクヌク青春日記!万能文化ミュージカル!

原作:高田祐三

あらすじ

カレンは宇宙からやってきた少女。メガネや光るボタンなどを身に付けると、たちまち巨大化してしまう特異体質だった。

カレンの特異体質を受け入れない防衛軍隊長。そんな自分の存在を悩むカレン。そんなカレンと自分をオーバーラップさせ一緒に悩むヌクヌクだった。

やがて、カレンとヌクヌクは…

…という設定の映画を卒業生のためにヌクヌクたちが制作する。というお話。

解説

厳密に言えば真の巨人の話ではありませんが、ここは大盤振る舞いに紹介しちゃいましょう。

ウルトラマンのパロディ物をやりたかっただけなんだと思うけど、それなりに色々なエピソードを盛り込んでありました。そもそも、このシリーズは全体を通してみると、鉄腕アトムのカヴァーバージョンみたいなものですしね。えっ。鉄腕アトムを見たことないって...まあそうかもしれませんね。でも最終回なんかは、まんま鉄腕アトムのパロディ(オマージュ)でしたよ。まあ、エンターテイメントな作品は楽しければいいんですよ。

学園ものでウルトラマンのパロディをやるというのは、そんなに珍しいものではないように思います。そういえば、NHKで放映されていた飛べ!イサミ(飛べ!イサミ)でもイサミちゃんたちが、映画のセットでカラス天狗と暴れる戦うというのがありましたね。

記事公開日:2000.03.13
記事更新日:2004.09.17

万能文化猫娘ヌクヌク

原作 高田祐三
制作 テレビ東京
読売広告社
葦プロダクション

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード