ゴクドーくん漫遊記

第15話 おそるべき妖怪姉妹・涙の再開!のこと

原作:中村うさぎ・桐嶋たける

あらすじ

前回とあるいきさつから、魂と体が入れかわってしまったゴクドー君たち。さて、元の体に戻れるのだろうか?…ここで、前回入れ替わってしまった魂と体の関係についておさらいだ!

特別図解!前回のおさらい!
  • ゴクドー君の魂は、ルーベットちゃんの体の中
  • ルーベットちゃんの魂は、ジンの体の中
  • ジンの魂は、プリンスの体の中
  • プリンスの魂は、猿の体の中

…ってことは???

霊験道士鄭(テイ)は、猿の妖怪ゴクードーを退治するための道を急いでいた。体がルーベットのゴクドーは、鄭と供に妖怪退治の旅に出た。ゴクドーがテイの供をするにはそれなりの目的があった。その目的とは、鄭の腰に付けたヒョウタンの中にいる一休だった。一休を手に入れられれば、元の体に戻れると思っているのだ。そしてとうとうヒョウタンを奪うことに成功した。

ところが、変な怪物にさらわれたゴクドー。怪物がゴクドーを連れて逃げ込んだ山の中で迷ってしまった。怪物もゴクドーも満ちに迷って困っているところに、秀麗な2人姉妹が現れた。姉妹は食事に誘ってくれたが、それにはとんでもない目的があった。やがて姉が琴を弾きはじめると、怪物とゴクドーは眠ってしまった。

ゴクドーが目を覚ますと、そこにはプリンスの姿をしたジンがいた。怪物の正体がルーベットだと判明。早速いつものように、ゴクドーとルーベットが喧嘩を始めてしまった。そのとき上の方から声がした。

「何を騒いでいるの?」

上を見るといつのまにか部屋の屋根が無くなり、代りに巨大な顔がのぞき込んでいた。3人は姉妹に人形サイズに縮められてしまっていたのだった。秀麗な姉妹は実は妖怪だったのだ。そして姉妹は3人を使って人形遊びを始めようと・・・

作品解説

ゴクドーファンなら知らない人はいないと思うが、ゴクドー・ユーコット・キカンスキー。これがゴクドー君のフルネームである。このとんでもない名前からも判るように、痛快なギャグセンスに満ちた作品の原作は、もちろんミリオンセラー級の人気を持っている。原作はもちろんですが、アニメもその原作に負けない出来栄えになっている。

しかし、悪いことならなんでもやる主人公というのは珍しい。今までにあるパターンだと悪人ぶっているが、いざというときはヒーローのような行動をするものばっかりであったが、ゴクドー君は悪に徹しきっている。条件さえ合えば、正義側についたり、悪側についたり、日本の政治家も真っ青な転身ぶりである。

でも、このゴクドー君。どこか憎めないキャラクターで、不思議な魅力を持っている。

記事公開日:2000.05.16
記事更新日:2004.09.17

ゴクドーくん漫遊記 DVD ACT.5

出演 石田彰, 吉田小百合, 島香裕
三木眞一郎, 林延年
販売元 ジェネオン エンタテインメント
DVD発売日 1999/11/26
時間 100 分
ASIN B00005FXEI
Amazon アマゾンの商品をチェック

ゴクドーくん漫遊記 VHS ACT5

制作 ゴクドーくん漫遊記製作委員会
監督 杉島邦久
脚本 水出弘一
出演 石田彰(ゴクドー)、吉田小百合(ルーベット)
島香祐(男ジン)、金月真美(女ジン)
三木眞一郎(プリンス)、他
ビデオ販売 角川書店・パイオニアLCD
ISBNコード ISBN4-04-904325-4(ビデオ)
Amazon アマゾンの商品をチェック
Amazonで商品チェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード