少女地獄

単行本「私の彼は意味がない」より

蛭子能収 作品

あらすじ

男は見知らぬ異世界の砂漠を歩いていた。暑いところだった。

一本道を歩き続けていると、対向から来たアイスキャンディ屋に出会った。

「おばさん、一本ちょうだい」

男がキャンディ屋の女に頼むと、1本1万円だという。50円くらいかと思った男は、断わろうとしたが、なんでも若い娘を固めて作った、特別なアイスキャンディだという。しかも、特殊浴場へ行くよりも、ずっと気持ちがいいらしい。

女が取り出したキャンディを見て男は驚愕した。まさに娘が十数人ほど固まっているキャンディだった。娘ひとりの大きさは小指にも満たないだろう。それが見事にキャンディの型に固められていた。それを見た男は、試しに買ってみることにした。

キャンディを口に頬ばるとキャンディは口の中で溶け、自由になった小さな娘達が口の中で蠢き始めたのが男には判った。そして娘たちは男の体の中の隅々に亘り、内部から愛撫し始めるのだった。

解説

この作品は、このままでは再販できない。いたるところに、問題となる単語が書かれている。性的な単語ではないが、このままでは、再販できない。そのため、あらすじでも、その下りは原作とは別の単語を使わせていただいた。内容は十分伝わったと思うが、作者の意図がもしその単語にあるなら、作者の意図をそのまま伝えていないことになる。

しかし、とんでもないアイディアだ。こびとの少女を集めてキャンディにするとは。一寸法師ネタだと言ってしまえばそれまでかもしれないが、蛭子氏の画風とあいまって、なんともコメントのしようがない作品に仕上がっている。

記事公開日:2000.02.04
記事更新日:2004.09.17

私の彼は意味がない

発行 青林堂
初版 1982年9月15日初版
注文コード 0071-0107-3863
価格 定価850円
サイズ A5・平綴
Amazon アマゾンの商品をチェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード