麻美子の恋

しゅりんぷ小林 作品

あらすじ

麻美子麻美子の悩みは、自分の体に釣り合う恋人がいないことだった。

麻美子は美人だったが、身長50m 体重15,000tもの巨人。店の前で待ち合わせをすると店の人に怒られるし、ディスコやホテルに入るのはムリだった。街をあるけば、人を踏んでしまうことも。そんな麻美子だから、普通の人では恋人にはムリ。あのG.馬場も麻美子の吐息で飛んでいってしまうのだ。

そんな麻美子にも新しい彼ができたのだった・・・

解説

麻美子の欲しかったのは恋人。でも、ただの恋人ではありません。身長50mの麻美子をセックスで満足させてくれる相手なのです。もちろん上手にリードしてくれるような優しさも持っていなくてはなりません。

もしかすると巨人の女性を性的に満足させるだけなら、普通の大きさの人でもできるのかもしれません。いかし彼女の求めているのは、普通のセックスなのです。普通の大きさの人では、巨人相手に普通のセックスはできませんね。ですから彼女の相手もそれなりの大きさが無いと候補にすら上がらないのです。何か不毛な感じが笑いを誘う作品です。

記事公開日:2000.02.06
記事更新日:2004.09.17

必殺しゅりんぷ固め

発行 スタジオ・シップ
初版 1989年11月10日初版
雑誌コード 雑誌48810-42
サイズ A5・平綴

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード