最前線異常あり

すく・ろおる作品

あらすじ

戦場の最前線で行われる戦闘に、ピロシキ連邦軍は最新秘密兵器基準排水量5万トンの「超弩級少女ターニャ」を投入した。

ターニャは巨大な少女型ロボット。司令官の操るコントローラによってあえぎだすターニャは、やがて絶頂迎えた・・・

解説

正確に言えば、ここに出てくるのは巨人ではなく巨大ロボットです。しかしこの作品ではロボットかどうかは、あまり重要ではありません。ロボットであるのは製造物のスペックがこの話のキーとして存在し、それをコミカルなオチにするための設定。絵を見ても判る通りキャラクターの扱いが巨大少女であり、ロボットとしての存在感はありません。

少女の無敵ぶりが、非常にかわいらしく描けているのが面白い。

記事公開日:2000.02.06
記事更新日:2004.09.17

キュートな気分

著者 すく・ろおる
発行 フランス書院
初版 1992年7月1日
ISBNコード ISBN4-8296-7231-5
価格 437円
サイズ 文庫・平綴
Amazon アマゾンの商品をチェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード