ようこそ巨人と小人の世界へ

世界中には巨人や小人の登場する様々な伝説伝承や数多くの創作があります。おそらく文字が生まれる以前から、こうした想像上の巨人や小人は存在したのだろうと考えられています。そして現在でも、世界中で生み出されている数多くの作品に、巨人や小人が登場します。今なお創作される物語の中で、巨人や小人は非常に象徴的な役割を演じています。

世界中で創造される巨人や小人の持つ象徴性には、少なからず共通点があります。おそらくこの象徴性の共通点には、何か根源的なルーツとも呼べるようなものが存在しているに違いありません。このサイトでは多くの作品を収集して分析する事で、その象徴が意味するもののルーツを探りだせるのではないかと思っています。

巨人や小人の世界に少しでも興味があるなら、このサイトを巡ってみる価値があるかと思います。

English 携帯

警告

このサイトでは世界中の創作を集めて紹介解説しています。 そうした創作の中には、青少年が読むにふさわしくない内容のものもあります。 暴力的、性的表現につきましては、できるだけ青少年が目にする可能性について配慮したつもりですが、18歳未満の方は保護者と相談し、 このサイトを閲覧する事に対して必ず了解を得た上でご利用ください。

サイト構成について

このページの左上にメニューがあります。他のページでは常に左側にメニューが表示されています。このメニューは、テーマ別に分けられた各コーナーへのトップページに移動する事ができます。毎にテーマがあり、テーマに沿ってサイトを探索できるようにしてあります。フレームは使っていませんので、好きなページをブックマークしていただくことができます。サイトの構成はできるだけ変更しないようにしていますが、サイトの構成が変わる事もあり、そのような時にはブックマークしたベージが移動するかもしれません。予めご容赦いただきますようお願いします。

QR-Codeサイトの方針等につきましては、こちらをご参照ください。またリンクは基本的にhttp://g-zone.come-up.to/にお願いします。リンク方法につきましては、こちらをご覧ください。

携帯サイトもあります。携帯版G-ZONEのアドレスはhttp://g-zone.come-up.to/i/になります。QRコード対応の携帯の方は右のQRコードをカメラで撮影して接続できます。

最近の更新

2015-07-03GsMallにYoutubeカテゴリを設けましたYoutubeで公開されている公式映像のリストを設けました。
2015-03-06精霊特捜フェアリィセイバー W 淫魔狩りライブラリにて紹介記事を公開しました。かなり前に書いた記事ですが、未公開のままになっていました。
2015-02-19大きなアナタと小さなワタシライブラリにて紹介記事を公開しました。
2014-10-28行け! 超巨大少女ちひろライブラリにて紹介記事を公開しました。
2014-05-0115周年記念トップ絵15周年記念を記念したトップ絵を3日間限定で公開
2013-09-25BRIGADOON まりんとメランライブラリにて紹介記事を公開しました。
2013-08-27ヤンキーフィギュアライブラリにて紹介記事を公開しました。
2013-08-12スーパーフライライブラリにて紹介記事を公開しました。

免責事項

このサイトにあります記事は、個人的な意見が含まれております。 また個人的な研究の成果も含まれています。 それらは検討を重ねて記事にしていますが、それでも正しく無い部分を含んでいるかもしれません。 そのためサイト内の記事を引用される際には、十分なご配慮をお願いいたします。

記事にオンラインショップの商品ページへのリンクがあるものがあります。 これはISBNコード等が明確な商品について、参考までにリンクを設けているものです。 これらの商品は、リンク先のオンラインショップが取り扱っているため。品切れや取扱いの無なくなった商品もあるかもしれません。 これらの商品は、各オンラインショップが取り扱うものであり、G-ZONEではその瑕疵について責任を負いませんのでご注意下さい。

掲載している情報についてはチェックして、出来る限りの正確性を保つよう努力しています。 しかし仮にリンク情報をはじめ掲載されている情報に誤りがあった場合においても、G-ZONEはいかなる責務から免責されることをご了承ください。 またリンク情報をはじめ掲載されている情報に誤りを見つけられた場合には、大変恐れ入りますが管理人であるX-Virusまでご連絡いただけると助かります。

Valid XHTML 1.1

G-ZONE