Forum

G-ZONE BBS

被食系趣向とGTSフェティシズムについて 初心者ファン

[削除]

「徐々に」拝読させて頂きました。
元のスレからさらに入り込んだお話をしたくて別スレを立たせて頂きました。

GTSが自ら犠牲を求める事はなく、犠牲者自身が自分から自分を食べて欲しいと言うまでを待っている。更に、犠牲者側は自ら「食べられたい」と言うだけでなく、自分から進んで、静止しているGTSの口目掛けて自分の頭を突っ込むという喰いの構図。
何と礼儀正しいGTSなのでしょうか。大変驚きました。
今はこの様な「食べられたい、食べて欲しい」という被食願望中心のスタンスに、今の喰い小説の主流が変わっている。もう既に。そんな活気を感じました。

ここからは私個人的な好みに過ぎないの恐縮ですが、
私には「自分から食べられたい」という趣向がとても不自然で違和感を感じて、受け入れられないのです。
私にとってのGTSは究極の女神であり、完全なものなのです。
GTSにとっての美しさ=強さの象徴であり、圧倒的な存在なのです。
犠牲者など他愛無いものに過ぎず、捕食もクラッシュも本能の赴くまま。
美しさと優しい口調とは正反対の残酷極まりない、徹底したスプラッター的行動。それを本能のまま楽しんでやっているGTSというこのギャップこそ、破壊系、喰い系GTSの醍醐味だと私は先の書き込みで伝えたかったのです。

今となってはこれはごく少数派の意見になってしまったんだと寂しさを感じます。

<小説の感想と疑問>
・食料調達と移住目的の侵略で20メートル級の巨人が一人一人捕食する許可を仰いでいて食事が足りるのでしょうか?
・超科学文明をもっているなら、それに伴い倫理観念も進んだものと考えられ、自分達に極似した外見をもち言葉も交わす地球人の様なものを食料にするのは避け、態々その様なものでなくても進んだ科学で別の食材を開発出来るのではないでしょうか?
・エルシアのコスチュームや身体の部分的なサイズなど、外見を想像し易い表現や描写があれば良かったです。
・小人とエルシアの両視点での、その場の雰囲気が伝わる様な臨場感ある詳細描写ががあれば尚良かったです。
・エルシアの台詞で「〜やった、〜してやった」など、若い女性が話すには不自然に思えるのですが・・・

以上、少数派意見と感想まで

2006-11-03

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについて 被呑願望人

[削除]

初心者ファン様
大変ていねんなコメントをいただき、ありがとうございました。

>今はこの様な「食べられたい、食べて欲しい」という被食願望中心のスタンスに、今の喰い小説の主流が変わっている。もう既に。そんな活気を感じました。

いやいや、現実にはエルシア姉さんの出てくる『徐々に』(正・続)の中身のようなものが主流になるにはほど遠いというのが私の実感です。
むしろ、
>「自分から食べられたい」という趣向がとても不自然で違和感を感じる、、、
という初心者ファン様の感じ方が日本では主流だと思うのですが。。。

>エルシアのコスチュームや身体の部分的なサイズなど、外見を想像し易い表現や描写があれば良かったです。
確かにそのとおりだと思います。
実は、あの小説はサイト『g-fork』で喫茶Gさんが描いていた一連のエルシア姉さんのイラストに小説を付けてみたものでしたので、コスチュームやサイズ等については喫茶Gさんの説明されたものを前提にしていました。
でも、もしも小説コーナーに投稿するということになれば、独立した作品(?)としてエルシア姉さん身体のサイズなどについても書いたほうがいいと思います。
すごく参考になるコメントをありがとうございました。

>エルシアの台詞で「〜やった、〜してやった」など、若い女性が話すには不自然に思えるのですが・・・
確かに、そうです!
これは、某名門女子高でのクラス内の様子をその学校の生徒の一人から聞かせてもらったことがあり、それを念頭にしたものです(笑)。
一見、お嬢様集団のようでありながら、男性が見てないとなると、その優しそうで育ちのいいムードから一変してしまう、、、。
周囲の人が彼女たちを「清純派」だと思っているのをいいことに、実際は物凄くしたたかに自己チューを目指す、、、。
それをすでに彼女の魅力の虜になりつつある少年の前で少しずつ見せつける、、、。
というイメージでエルシア姉さんの性格を描こうとしてみたのでした。

確かに、彼女は礼儀正しいGTSですが、相手の男の子が自分から彼女のお腹の中で溶けていってしまう願望を抱き始めたのを見透かしつつ、実際に「そのようにしてしまう」というのはやはり残酷なのでは、、、。
もっとも、私にはそれが甘美な残酷さということになるわけなのですが、、、一見、正義正しそうでいて実は恐ろしく残酷というような、、、(笑)

2006-11-05 01:46:42

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについて 初心者ファン様

[削除]

被呑願望人 様

お返事ありがとう、ございます。

書き込み後、少々辛口の感想ではなかったかと反省もありました。

「確かにその通り」とおっしゃって頂いたのが嬉しかったです。

「外見の想像し易い」というのは、私達読者の想像する女性像の象徴かも知れません。
確かに、普通の洋服と違って異性人のエルシアとなれば、
未来的なデザインとかなって表現も難しいと思いますが、
ここGTSファンの人はリアルの世界でも、実は小柄な女性よりも大柄でスタイルの良い女性への憧れをもっていると思うのです。小柄な女性よりも。ですので、さらにお胸も足もそれぞれ大きい方がそれらの潜在的な要望を満たしてもらえる表現なのです。それを巨人のサイズだけで表記しても計算機が必要になるので、通常サイズの換算で(身長172cm、足のサイズ25cm)などと注釈表記や描写に盛り込むだけで読んでいて萌えます。その点においては笛地様の親指トムシリーズの冴子の足サイズなどの表現は絶妙で素晴らしいものでした。

また、女性らしい違和感のない台詞表現は大変難しいものだと思います。それには主人公と同世代の女性がまんまの感覚でGTS小説を執筆すれば問題ないのですが、現実はそうではなくほとんどの作品が男が書いているのが実情なので、いかに自然な台詞に仕上げるかは永遠の課題に思われます。

また、最後の方でありました。「あなたを食べて〜」とエルシア自身の本能の言葉を初めて口にした時、エルシア本人の食への本心が表れた場面が印象的でした。

あなた様の作品を拝見させて頂き、同じ喰いでありながら自分とは180度趣向の異なる作品でした。しかし、そんな被食願望趣向が主流に変わったんだと思わせる程の作品に対する情熱とエネルギーを感じています。

私ごとで恐縮ですが、元のスレで被呑願望人様がカキコされている
>私はその昔から笛地静恵様のファンの一人です。
世界的巨匠、笛地静恵様
と全く同じ思いです。 私は「脂肪遊戯ZZ」という作品でこの世界に
目覚めましたと言っても過言でない位、心に残る作品でした。
この作品で見せる「 亜美」の残酷極まりない、咀嚼喰いの描写に衝撃を受けました。
それ以来、こぞって笛地様の作品を探しては拝読させて頂きました。
親指トムシリーズetc.素晴らしいです。心動かされました。
ですので私もあなた様と同じ笛地様のファンの一人だとうなずいております。

それ以後は、ぎゅうたろう様の「スクールバス」?だったと思いますが、
拝読し、続いて「リズ」シリーズも拝読しました。とてもよく出来た作品に思えました。
咀嚼が好きな私にとっては笛地様とぎゅうたろう様は共にそれが見れるので
私の好きな作家なんです。
前のカキコでRe:15のカキコ見まして同氏の作品だという事で
興味を持って初カキコさせて頂いた次第でした。

以上、私ごとが入り恐縮でした。
趣向の違いはありますが、交流させて頂く事でアイデアなど次の創作の参考や意欲向上に繋がれば凄く嬉しく思います!被呑願望人様を応援しています!

2006-11-05 18:09:21

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについて 被呑願望人

[削除]

>確かに、普通の洋服と違って異性人のエルシアとなれば、
未来的なデザインとかなって表現も難しいと思いますが、、、通常サイズの換算で(身長172cm、足のサイズ25cm)などと注釈表記や描写に盛り込むだけで読んでいて萌えます。

前回のレスでも書きましたように、『徐々に』(正・続)は同じ管理人さんが開いている「g-fork」の中で、喫茶Gという絵師が描いていた一連のエルシアさんのイメージに物語として付けたものでした。
したがって、彼女のルックスは喫茶Gさんの次のスレを見ていただければいいかと思います。

はじめまして。
http://g-fork.come-up.to/cgi-bin/bbs/BBS.cgi?func=res&id=1106385823
いただきまふ!
http://g-fork.come-up.to/cgi-bin/bbs/BBS.cgi?func=res&id=1108114105
消化中・・・。
http://g-fork.come-up.to/cgi-bin/bbs/BBS.cgi?func=res&id=1110114756

>女性らしい違和感のない台詞表現は大変難しいものだと思います、、、現実はそうではなくほとんどの作品が男が書いているのが実情なので、いかに自然な台詞に仕上げるかは永遠の課題に思われます。

確かにそのとおりですね(笑)。
それに、、、人それぞれ、どんな話し方をするかは個性にもよるのでしょうね。。。
ということは、女性が小説を書いたとしても、その女性の書くせりふを自然と感じられるかどうかは読み手のセンスにもよるのでは、、、。
エルシア姉さんのせりふについて種あかしをしてしまいますと、これは某名門女子校出身の女子大生(当時)に私の被呑願望をカミングアウトし、彼女とのメッセージのやり取りの中で「ロール・プレイ」を試みた時の彼女のせりふをもとにしたものでした(汗)、、、
しかし、ここまで掲示板で言ってしまっていいのか、、、(汗汗)
少なくとも、これは彼女が私に対してロール・プレイ中に使った表現をもとにしています。。。

>あなた様の作品を拝見させて頂き、同じ喰いでありながら自分とは180度趣向の異なる作品でした。しかし、そんな被食願望趣向が主流に変わったんだと思わせる程の作品に対する情熱とエネルギーを感じています。

誰しも、自分の趣向が主流になれば喜ばしく、少数派なら寂しいことでしょう。。。
その意味では、エルシアさんの物語も残念ながら主流とはとても言えないのでは、、、。
ただ、外国のサイトを見ると、この世界はsoft vore系とcannibal系に分類されるようです。
soft vore系は噛まずに呑みこむイメージを好み、cannibal系は噛み砕く、つまり、咀嚼のイメージを好むようです。
また、consensual系とnon-consensual系という分類があるようです。
consensual系は被食者(被呑者)側の合意または願望によって喰いが行われるイメージを好むのに対し、non-consensual系は捕食者が嫌がる被食者(被呑者)を強制的に容赦なく喰う構図を好むもののようです。

まあ、どんな分類があるかはどうでもいいことかもしれませんが、世の中には色々な好みというか、趣向があるということでしょうね。

2006-11-06 00:05:43

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについて 笛地静恵

[削除]

初心者ファン様へ。

笛地には大興味深い議論で、拝聴させて頂いています。
参考になります。

まず『脂肪遊戯ZZ』などの笛地作品をお読み頂きありがとうございました。

議論の内容は多岐多様ですが、今回は3点のみ笛地の感想を書かせてください。

1・女性らしい違和感のない台詞表現

「永遠の問題」。

同感します。

主人公と同世代の女性の「まんまの感覚」ということの再現。

ほとんど解決不可能な課題だと感じています。

具体的な対応策としては、そのような世代の女性の方に添削をお願いするという方法があるでしょう。

笛地も目標にしている、ぎゅうたろう氏の翻訳は、そのような推敲の過程を経ているようです。

羨ましいことですが、誰にでもできることではありません。

変態笛地の作品では、気持が悪くなるだけでしょう。

被呑願望人様のように、フィールドワークのような形で、現実に取材していても、些細な表記の相違だけで違和感はつきまとうでしょう。

どうすればいいのか?

悩んでいます。

2・大柄でスタイルの良い女性への憧れ

これが、「リアル」の世界でも、そうか?

別にアンケートを取った訳ではありませんが、違う場合もあるのではないかと思っています。

笛地は、身長160センチそこそこ。
162センチの女性でも、そばにいると自分よりも大きく感じることがあります。

恋をすることもあります。

何を主張したいのかといえば、「イデア」の世界と「リアル」は異なるのではないかということ。

これは、みなさんもそうではないでしょうか?

3・まとめ(別に、まとめになっていないという声が)

被食系趣向の小説は、書けるときと書けないときが、はっきりと別れます。

しかし、ここでの議論を参考に、また恐怖と魅惑の世界に乗りだして行きたいと思っています。

ご意見を聞かせてください。

『美妖院奇聞』の未発表の続編の短編が三作。

イジメを受けた小学生の少女美香ちゃんが、同級生をむしゃむしゃと食べる話。

彼女は、山姥の血を受け継いでいるために、肉は人間のものしか食べられません。
人工資料で飼われていた家畜の牛や豚の肉は、ひどいアレルギーを起こします。
野菜も農薬がついていると、皮膚が爛れて苦しみます。

そんな美香ちゃんに、同級生の悪童連が、無理矢理給食を食べさせたので……。

料理が趣味の美香ちゃんは、いろいろな食べ方を実行します。

長編。

こうしたものも、だんだん発表していきます。

初心者ファンさんの志向は少数派かもしれませが、笛地でも、できる限りは、お答えしていきたいと思っています。

ただし、生来、怠け者の笛地。
気長にお待ちください。

よろしくお願いします。

2006-11-06 09:24:03

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについて 被呑願望人

[削除]

笛地静恵様、
さすがの洞察だと思います。

>被呑願望人様のように、フィールドワークのような形で、現実に取材していても、些細な表記の相違だけで違和感はつきまとうでしょう。

「フィールドワーク」というような立派なものではありませんが、確かに、いくら女性とロール・プレイをしてみても、いざ小説に書くとなると、ロール・プレイ中とは異なるシーンや文脈が生まれてしまいますので、女性の発言を全てそのままコピーして張り付けるというわけにはいきません。
あくまでもログをもとにして、ということに留まってしまいます。
そこで、お相手の女性に添削してもらったこともありますが、物語そのものまで女性側の視点から変えられてしまったりして男性側の願望と必ずしも一致しなくなってしまったりします。
どうしても「自然」にしたい場合は、いっそのことロール・プレイのログそのものを一つの小説として公開するしかないのかもしれません(もちろん当事者の名前は変更しなければなりませんが)。
外国人女性のsoft voreのファンとチャットでロール・プレイを試みたこともありますが、私のつたない英語はともかく、相手の赤裸々さには日本人にはない大胆さがあって驚かされました。
でも、それが英語の世界では主人公と同世代の女性の「まんまの感覚」だったとしても、訳した段階で日本語の「まんまの感覚」にはなり得ないのでしょうね、、、(汗)
やはり、これは永遠のテーマなのかもしれません、、、。

2006-11-06 10:25:14

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについての分類法 笛地静恵

[削除]

分類法を考えていました。

「食う人」と「食われる人」がいますね。

「同意している場合」と「同意してない場合」で4種類になります。(縦横二項目で、4つの欄のある表が書けます。)

「食う」という時間の一点を基準にすると、さらに「食う前」と「食われた後」に別れます。

後者は、人体の解剖学的に、どこまで書くかで。
1・口
2・食道
3・胃
4・腸(十二指腸、小腸、大腸、直腸、盲腸等々)
5・肛門
6・排泄後
のように分けられます。

これに、食われた後で、「意識がある」と『意識がない」でも、分類が可能かも。

他に、何か基準があるでしょうか?

2006-11-06 12:23:32

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについての分類法・2 笛地静恵

[削除]

ただし、このように分類したからといって、ここの、こういう傾向が、誰も書いていないから、書こうと思って、書けるかと言えば、それは、そうとは言えないというのが、笛地の実感です。

特に「被食系」の作品は、意識と無意識の中間の、とんでもないところから、アイデアが浮んできます。

いろいろなところで書きましたが、笛地の『美妖院奇聞』のアイデアは、ある女性から頂戴したものです。

横浜中華街。
中国料理の豪華なコース。

「これに小人さんが食材として入っていたとしたら、どうかしら?」

と、示唆を受けました。

「食べれば、きれいになれるレストランなんて、女性ならば喜んで、行くと、思うのよ……」

『美妖院』という名前も、たしか彼女の発案。

あの日、あの時の彼女の目付き。
長い黒髪に流れていた、照明の光。
黒いストッキングと、黒いハイヒールの照り。

まだ、はっきりと思い返せます。

2006-11-06 14:30:14

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについて 被呑願望人

[削除]

笛地静恵様

>『美妖院』という名前も、たしか彼女の発案。
あの日、あの時の彼女の目付き。
長い黒髪に流れていた、照明の光。
黒いストッキングと、黒いハイヒールの照り。
まだ、はっきりと思い返せます。

素晴らしい体験をされていると思います。

ところで、分類については、海外サイトではもう一つの区分があるようですね。
妖精のほか、怪獣や大蛇を含む動物や昆虫、植物など人間以外による喰いを好む嗜好と、人間による喰いを好む嗜好です。
私自身はむしろ後者のほうだと感じています。
もっとも、宇宙人エルシア嬢がそのどちらに入るかは難しいところですね。

2006-11-06 20:36:52

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについての分類法・3 笛地静恵

[削除]

なるほど。
誰、もしくは何が、誰、もしくは何を食べるのかという分類法。

笛地の脳裏にあったのは、性別の相違のみでした。

男が女を。
女が男を。
男が男を。
女が女を。
人間でないものが、人間を。
人間でないものが、人間でないものを。

食事の方法で、「丸呑み」なのか「咀嚼」するのかというのも、重要な軸。

これに普通の、登場人物、時間、場所という分類の軸を加えれば、種類としては千差万別。

多種多様な可能性を持っていますね。

2006-11-06 21:39:04

Re: 初心者ファン様-ぎゅうたろう氏新作について RC

[削除]

話割り込んで済みません。
Re:15 >巨大美女の残酷グルメ、ぎゅうたろう氏の、
 どんな作品ですか?
私は発刊済みのを続けて買って読みました。
昔、2ch掲示板で話題だった小説だったのだけど、
買って読んではじめてぎゅうたろう氏が関わっていることが分かった。

>ぎゅうたろう氏の翻訳?
翻訳作品ではないのは確かだと、それに他で見たことがないのでオリジナルの新作だと。

初心者ファン様>見るにはどうしたらいいのでしょうか?
有料なので普通には見れない。だからあまり知られていないのではないかな。

笛地様>彼女は、山姥の血を受け継いでいるために、肉は人間のものしか食べられません。
山姥とは全く違いますが、人間しか食べれなくなるというのは同じで、
作品は一年以上前から出してるみたいです...。
喰いに関わるピチピチの女子大生が何人も出て来る。

>1・口 2・食道 3・胃・・・
人体の解剖学的に... そんな感じで食われた後の内臓系描写もかなり詳しかった。

>分類 、、食う側が女性という事以外、食われる側は男女年齢層も関係なく、それ以外も、食べ方もあらゆるシュチエーションで見せてくれる。
ぎゅうたろう氏の作品だけあって喰いとクラッシュが激しくこれでもかと徹底的。咀嚼も場面のいっぱいあった。

キャラの個性豊か。一人一人違ってみせる。
女の子の食い場面の揺れる感情や「食べる」という意志表現はうまい。

違和感... リズとか他の作品と同じく台詞の違和感は全く感じず。
残念なのは、巨大という題なので巨人が表れるかと思ったがシュリンカーだったのが少し残念なくらいか。
ストーリーまでは言及できないのでこのくらいで・・・・
 参考になりましたか?

2006-11-07 16:47:49

Re: RC様へ。 笛地静恵

[削除]

ぎゅうたろうさんも、がんばっていますね。

彼のプロデュ—サー能力が発揮されているのでしょう。

用意周到で、緻密な世界のよう。

笛地も、がんばらねば。

2006-11-08 10:13:24

Re: 被呑願望人 様 初心者ファン

[削除]

レスありがとうございます。
早速喫茶G氏のエルシアの原画拝見しました。
喫茶G氏凄くイラストが上手です。
エルシアの顔、コスチューム想像だけであったのが具現化されました。
こんな作品があったなんて知りませんでしたので教えて下さって感謝します。
自然だと感じれるかどうかは読み手のセンス。そうですね。
肝心な所を棚上げしていたのを指摘された気分です。
制作者側がばかりに要求するのではなく、
「これは女性の台詞だ。エルシアお嬢さんの言葉だ。」
我々読者側が思い込む様に努力しなくてはいけないのを怠っていました。
おかしいのでは?不自然なのでは?と疑っていてはきりがないから読み手の努力も必要だと思いました。読ませて頂くのですからね。
リアリティー追求の為にロールプレイまで努力されていたのですから。
また、soft vore系とcannibal系。consensual系とnon-consensual系。
大変参考になりました。早速検索してみましたが、
non-consensualでそれらしいページを検索出来なかったので、
改めて世界的にみても自分が少数派なのだと解りました。
でも、大変参考になりました。ありがとう、ございます!

2006-11-08 19:36:32

Re: 笛地 様 初心者ファン

[削除]

初めまして!
私の立てたスレに巨匠、笛地静恵様においで下さったなんて、
とても光栄に思います。まさか私の様ないちファンを相手にして頂けるなんて思いにもよりませんでした! かつて笛地様の作品に魅せられ、
あちこちに散らばる作品を探しては見ていたものです。
yahoo!! 検索でもトップで表示される事から、どれだけ多くの人が見ているのかが証明されることから笛地様の偉大さが分かります。
私は美妖院奇聞、親指トムシリーズ、ホルスサーガシリーズなど、
笛地ワールドの虜になっていました。
自分の中に眠っていたGTS食いの趣向に目覚めさせられました。
どういう所が好きで虜になったか?
アイデアに富んだ作品シリーズ、hard voreで non-consensual系の作品。
面識あるがゆえに会話の絡みもある犠牲者。冴子が見せた様な人間を食糧としか思わない態度。「食べる」と犠牲者にハッキリ言う強い女性像。
血と砕ける身体の激しい咀嚼の描写とそれを楽しむ女性像。
美妖院奇聞シリーズは麗華からの視点で会話の成立こそなかったものの、
ストーリー全体をフルコース風に構成し、現実にある多彩な中華料理とのアレンジに現実と妄想の世界の狭間に読者を引き込む力がありました。
共通して好きだったコンセプトが、人間しか喉が通らなくなる主人公。相手の哀願にも関係なく食す、そんな意志の強い女性像が大好きです。
また、そうすることで「別に他に...」という縮小もの特有の口実もなくなり、物語に深みを持たせることに成功していたと思います。初めて読んだ時には衝撃を受けました。
1、違和感ない台詞表現。笛地様も同感頂くほど、永遠の課題だと解りました。私が言いましたのは理想論で不可能なことでしょう。
2、笛地様が160cmほどとは知りませんでした。それが小人の目線の繊細な描写に息衝いているのでしょう。
「笛地も目標にしている、ぎゅうたろう氏の翻訳は、そのような推敲の過程を経ているようです。」
推敲? 難くて分からなかったので字引で調べました。
誤字などのチェック以上に文章(物語)全体本質を編集、調整する作業。
制作者以外の第3者が行うのが通常。とのこと。歌の編曲みたいな作業?
「羨ましいことですが、誰にでもできることではありません。」
確かにそうです。誰にでも出来るものではないと思います。
本屋で売っているのと比べても遜色ない作品だと私も思ってましたので、笛地様がおっしゃるのも理解出来ます。
笛地様も目標にしていると仰られるのも納得しました。
同氏も笛地様に並ぶ巨匠だと私も思っています。
さて、本物の笛地様ならではの大変貴重な情報とエピソードにワクワクさせられました!
まず、『美妖院奇聞』誕生秘話。凄い内容です。初めて知りました。
山姥という突飛もないお話の割りに読んでいる内に現実にありそうなと錯覚してしまう絶妙の展開の裏には本当の女性の感性が基盤になっていたのですね。素晴らしいです!それに笛地様に作品の中でも特に女性受けしそうな作品に思えます。
「これに小人さんが食材として入っていたとしたら、どうかしら?」
「食べれば、きれいになれるレストランなんて、女性ならば喜んで、行くと、思うのよ……」
これにはドキッとしました。我々男よりも女性の方が冷徹になれるのか?と。教えて下さい。どうかしら?の続きを?後に続く言葉で見当は着きますが、その女性は出されたら、食卓に昇れば食べると言ったのでしょうか?麗華のように...。横浜中華街。中国料理の豪華なコースの食卓でのお話の続きをお聞かせ頂ければ幸いに思います。今でも思い浮かぶ当時の描写がまたそそられました。
またそんな『美妖院奇聞』に未発表の続編の短編が三作も製作中だったなんてビッグニュースですよ。
「イジメを受けた小学生の少女美香ちゃんが、同級生をむしゃむしゃと食べる話。」これを聞いただけで只ならぬ戦慄を感じます。
1.同級生だという事で面識ある、2.会話の成立。3.面識ある同級生の命乞いも届かない復讐の鬼と化す。4.優しい少女の言葉とは裏腹な咀嚼食いなどの残酷極まりない行動とのギャップに麗華を思わせます!
素晴らしいです! 笛地様の本格食い新作を拝見出来る日を心待ちにしています。
最後に「変態笛地の作品では、気持が悪くなるだけでしょう。」
なんて仰らないで下さい。私は昔から変わらず笛地様に敬意を評し尊敬していますので!私は笛地様を応援しています!


PS:ぎゅうたろうさんも、がんばっていますね。彼のプロデュ—サー能力が発揮されているのでしょう。
用意周到で、緻密な世界のよう.....
そんな感じがします。私は同氏の翻訳作品しか読んだ事がなくワクワクします。
私にとっては笛地様同様、巨匠と尊敬するカリスマ性をもった方です。
RC様のおかげである程度分かりました。我々読者には違った作風に期待出来るが逆に有料なので氏も重圧が圧し掛かるかも知れませんね。

2006-11-08 19:37:53

Re: RC様へ 初心者ファン

[削除]

初めまして!
実際に読まれた方からの大変貴重な情報に感謝しております。
ありがとう、ございます。
お話の内容からしてすごそうです。新作だそうで期待がもてます。
益々読みたくなりました。
大変参考になりました!

2006-11-08 19:38:20

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについて 被呑願望人

[削除]

初心者ファン様、

>「これは女性の台詞だ。エルシアお嬢さんの言葉だ。」
我々読者側が思い込む様に努力しなくてはいけないのを怠っていました。
おかしいのでは?不自然なのでは?と疑っていてはきりがないから読み手の努力も必要だと思いました。読ませて頂くのですからね。
リアリティー追求の為にロールプレイまで努力されていたのですから。

いえいえ、ロール・プレイは「努力」などと言えるものではありません。
ただ単に自分の趣味として楽しんだだけのことですから、、、(笑)

実はある想定について少し考えさせられました。
あの小説の書き手について、なぜ、男性だと感じられたのでしょうか、、、(笑)
女性に丸呑みにされるのが男性だという内容の小説を被呑願望人という名の書き手が書いていたからでしょうか、、、。

>エルシアの台詞で「〜やった、〜してやった」など、若い女性が話すには不自然に思えるのですが・・・

ということでしたが、実はあの部分についてはお相手の女子大生がロール・プレイ中に実際に使った言葉そのままでしたので、その部分を不自然に感じるかどうかは読み手の感じ方にもよるのかなー、と思ってしまったのでした。
あの女子大生本人を直接知っていて、彼女の話し方のトーンまで知っていて、それが不自然に感じられない場合と、読み手として違ったトーンを想像して読むのとではイメージも異なってくるのかもしれませんね、、、。
それに、他の部分には小説の展開の都合上、彼女のせりふ以外にも書き手が創作しなければならなかったせりふも多々ありますので、全体として不自然さが感じられたのかもしれません、、、。

もっとも、ハンドル・ネームを女性名にして書いていたら、初心者ファン様もわざわざ「これは女性の台詞だ」
と思い込む「努力」などしなくて済んだのかも、と、、、(笑)

いずれにしても、読者が何かを「思い込む努力」をしなければ楽しめないのでは、その小説はやはり失敗作だと思います。

2006-11-09 02:26:27

Re: 初心者ファン様へ。 笛地静恵

[削除]

ご要望がありましたので、質問にお答えしておきます。

ただ。
あまり、ご期待に添えないと思います。
結論から言えば、自分から食べるとは、おっしゃいませんでしたから。

「これに、小人さんが、食材として入っていたらどうかしら?」

「(気がつかなければ)おいしくて、食べているでしょ?」

 以下、中国料理が、いかに奇妙な食材を使っているかという「ウンチク」。二十分間ぐらいだってでしょうか。

 それが、薬膳料理の話になって。

「(たとえ食材がなんであっても)食べればきれいになれるレストランなんて、女性ならば喜んで、行くと、思うのよ……」

 という発言につながりました。

 活発な談話の間にも、会食は続いていました。赤い口紅を塗った、やや厚めの下唇がよく動き、魚の濃厚な脂がてらてらと光っていました。笛地が魅了されていたことは、共感いただけると思います。

 彼女は、紹興酒や桂花陳酒を、そうとうにきこしめしていました。目が据わるぐらいに酔っていたことと、他に二人の同席者がいたことを、つけくわえておきます。

 関係者に、ご迷惑をかけるといけませんので、これ以上の詳しい話は失礼させていただきます。ご了解ください。

2006-11-10 09:14:57

Re: 被食系趣向とGTSフェティシズムについて RC

[削除]

笛地様
レス光栄です。
食らいの新作発表控えているとのこと、今後のご活躍に期待しています。

初心者ファン様
参考になりよかったです。

2006-11-11 19:37:29

Re: 笛地様 初心者ファン

[削除]

ご親切にお答えいただいて大変感謝しています。
現実の女性の語らいにドキドキしました。
やはりその欲をはっきりとした言葉で聞くのは無理ですね。私もそんな女性には出合ったことがありません。お話の場を経験された笛地様がうらやましく思えました。
美妖院奇聞の新作があるそうで楽しみにしています。
以前に付き合っていた男でさえ食前酒に沈める麗華の残忍さと美しさの両立に妖美なものを感じました。新作の紹介を読んでさらにパワーUPされている感じがして読むのがとてもたのしみです。

ここでの交流が少しでも創作の参考になれば幸いです。レスありがとうございました。

2006-11-12 17:46:15

Re: 被呑願望人様 初心者ファン

[削除]

お返事ありがとうございました。
いえ、私の方こそ現実の女性の会話と、こうあるべきという自分の中の女性像との相違によって生じたものだと思います。「、、、してやる」といった威圧的な言い方をは女性はしないものだという固定観念が働いたのだと思います。エルシア嬢は現実の女性より、巨大で強く美しい。そんな女性が現実にいる訳もなく、
その現実との相違が違和感へと変えたのかも知れません。読み手側、私の乏しい想像力のせいだと存じます。失礼しました。
被呑願望人様のご活躍に期待しております。

2006-11-12 17:58:30

Re: RC様 初心者ファン

[削除]

はい、参考になりました。いつかどこかで、
作品についての語らいの機会があればいいなと思います どうもありがとうございました。

2006-11-12 18:00:25

新規に書き込みをする時には、掲示板の最初のページに戻ってから入力してください。

タイトル
本文
名前 ※必須
メールアドレス
パスワード ※必須

[ 一覧の最初に戻る ]

掲示板の内容を検索できます

G-ZONE