COLORFUL

COLOR 12

原作:岸虎次郎

あらすじ

巨大な輸送船の広い甲板には、普段見慣れたものが載せてあった。ただし、その巨大さを別にすればの話だが。その輸送船にのし掛かるように巨大な影が現れた。

★ ★ ★ ★ ★

ニュース番組は信じられないような出来事を伝えていた。映像をみるとそこには巨人の姿が映し出されていた。大抵のビルよりも背の高い巨人は、悠々と巨大なお菓子を頬張りながら東京湾から都心部に向かっていた。まるで怪獣映画さながらの状況であったが、悠々と進む巨人はどうみても女子高生そのものだった。ルーズソックスに制服のスカートは短くして履いている。

足もとの男たちはみんな色めき立った。普通でさえ丈を短くしたスカートにパンチラを期待する男たちである。それが、見上げればそこに巨大なパンティーが丸見えなのだから、色めき立つのは無理もない。しかも、巨大女子高生はあしもとの人間には全く興味を示しておらず、無防備もいいとこだった。

ビデオカメラを構える。当然足もとからだ。突如、視界に大きなものが迫ってきた。お菓子の空箱だ。空箱とはいえ、その巨大な質量は真下にあった車を押しつぶしてしまうのに十分だった。

突如、街を大音響が襲った。その凄まじい音量は、周囲のビルのガラスを粉々に砕いてしまうほどだった。音の原因は、巨大女子高生のバッグの中にあった、巨大携帯電話の着信音だった。どうやら誰かと待ち合わせをするらしい。大きな足取りで巨大女子高生は渋谷に向かって歩き出した。

やがて渋谷に到着。巨大女子高生は、街角に座り込んで誰かを待つのだった・・・

(C)岸虎次郎/集英社・TBS

解説

岸虎次郎氏の同名マンガ作品「ジャイアント カラフル」をアニメ化したもので、TBS系「ワンダフル」にて放映されました。ただしタイトル作品は放映されず、幻の第12話と言われていました。原作通りの絵と構図に、原作のイメージを壊さずに脚色を加え、完成度を高めてあります。脚本はアニメ「人形草子あやつり左近」などを手がけた佐藤和治氏で、流石というほかありません。

原作もアニメも男のイメージする色めき立つシチュエーションの追及をしています。そうした話に巨人の登場する意味は濃く、まさしく膨らみきった妄想の具象化としてちょうどよい対象物といえます。制服や下着や女性という物だけで男がときめくのではなく、そこにシチュエーションが加わって男心がくすぐられるのだということをこの作品は良く表しています。そうしたシチュエーションに対する妄想が、膨らんで膨らんだ結果が巨大女子高生として具象化されたのです。ここまでうまく表現されると自然と笑いが込み上げてくるものですが、そうした笑いこそ作者の意図した笑いだと言えるでしょう。

記事公開日:2001.03.20
記事更新日:2004.09.17

COLORFUL

監督 中村隆太郎
脚本 佐藤和治
出演 林延年
川津峯泰彦
中村大樹 他
宮村優子「僕の体温は37.5℃」
備考 1999年作品
販売 パイオニアLDC
DVD 品番PIBA-7049 (00.03.10発売)
VHS 品番PIVS-9081 (00.02.25発売)
注)VHSは第2巻に収録
Amazon アマゾンでDVDをチェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

 ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

 検索キーワード:

G-ZONE