桃色サバス

桃色サバス第58〜59話

中津賢也 作品

あらすじ

魔道玉吉は高校生。幼い頃から不運に付きまとわれ、そのため生傷の絶えないだけの普通の高校生…のはずだった。しかしそんな普通(?)の生活は、魔界から来た少女カゴメによって否定されてしまった。

玉吉は魔神ベゼルビュートの魂を持っているという。そしてカゴメはそんな玉吉を生まれもってした不運から守るために魔界から来たという。しかしその真の正体は刺客。玉吉の命を奪うために来たのだった。しかし玉吉の命を奪うどころか、何にしてもひた向きな玉吉の性格に引かれてしまったカゴメ。結局カゴメは、本当に玉吉のボディガードをすることにしたのだった。

そんな二人の生活に魔界から次々とやってくるカゴメの知り合いたち。ブブもそんなカゴメのかわいい友達。まだ幼い子供のブブであったが、カゴメを嫁と決めて、魔界から追いかけてきたのだ。そんなブブは玉吉とことあるごとにライバル心を燃やし衝突するのだった。

ある日、いつもながら喧嘩したブブと玉吉。幼い子供とはいえ、魔神ベゼルビュートの甥っ子。玉吉は魔法をかけられ、人形のように小さくされてしまった。カゴメの力ではどうにもならないので、ブブの機嫌が直るまで待たなくては元に戻れそうも無い。困った玉吉だったが、人形のような玉吉をかわいいと思うカゴメだった。

結局、翌日、魔女のマユに学校で会った時に相談することにした二人。それまでは、このまま過ごすことになってしまった。

ところがひょんなことから、カゴメの妹ヘキサに便所で流されてしまう玉吉。下水道へと流された玉吉は、翌日相談するはずだったマユに助けを求めていったのだった・・・

解説

小さくなった男の代表?玉吉。マンガ作品のお約束ともいえる、お風呂シーンや女体探検などを経験します。それから、はからずともしてしまったトイレでの覗き。おまけに汚水とともに流されてしまいます。そういえばドラゴンボールの亀仙人も同じような目に遭っていますね。もっとも亀仙人は自ら招いたことなので、自業自得と言えますが、玉吉のほうは災難に次ぐ災難。それでもこれだけやれば、玉吉も本望(?)でしょう。中には玉吉をうらやましいと思う人もいるかもしれません。

その他のエピソードでの巨人

この桃色サバスでは、ちょくちょく番外編として、よく知られた物語をパロディにしていました。西遊記がパロディにされた時に、玉吉の魔人の魂の力によってマユが巨大化する話がありました。

また玉吉自身もクライマックスで魔神となり巨大化します。


記事公開日:2000.03.20
記事更新日:2004.09.17

桃色サバス 第7巻

発行 少年画報社
初版 平成6年9月1日
ISBNコード ISBN4-7859-1450-5
価格 定価500円税別
サイズ B6・平綴
Amazon アマゾンの商品をチェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード