スーパー留美ちゃん

単行本「スーパー留美ちゃん」より

桐立のぼる 作品

あらすじ

「あ・・・だめ・・・そんな太いの・・・」

稲光が怪しく光る夜。人気のない館では、少女が白衣の男にいたぶられていた。いや・・・違った、少女型アンドロイドが博士に最後の仕上げを受けていた。

そして、最終チェック・・・???・・・完璧だ。

そんなとき折しも一人の書生が、けたたましくドアを開けて入ってきた。

「博士ッ、宇宙怪獣が街に・・・」

何を見たのか、ちょっと顔を赤らめる書生だった。

「留美、出動だ!」

慌てて服を着る博士を横に、留美は空を飛びながら巨大化した。博士の横では、書生がまだ顔を赤くしながら留美を見守っていた。

解説

成年コミック指定でも、これほどエッチしまくりのまんがはナカナカあるもんじゃありません。いきなり冒頭で1回。続いてもう1回。巨大化して1回。そしてそしてってな具合です。そのプレイ内容も、メカ、ノーマル、巨大化、それからってなもんです。

素直に喜んで読みましょう。

単行本について

単行本「スーパー留美ちゃん」に収録された作品より、本編をあわせて3作品を当ライブラリで紹介しています。

記事公開日:2000.02.04
記事更新日:2004.09.21

スーパー留美ちゃん

発行 茜新社
初版 1997年10月20日初版
ISBNコード ISBN4-87182-281-8
価格 定価590円
サイズ B6・平綴
備考 成年コミック
Amazon アマゾンの商品をチェック

[ 前の作品 ] [ 作品リストに戻る ] [ 次の作品 ]

ライブラリで紹介した作品の検索ができます。ご利用ください。

検索キーワード